今泉俊一歯科医院

[予防歯科]

『予防歯科』ってなんだろう

みなさんは、なぜむし歯が出来るのか、どうして歯周病になるのか、いろいろな知識をお持ちだと思います。
私たち今泉俊一歯科医院のスタッフは、みなさんがいつまでも健康で笑顔あふれる生活を送っていただけるよう全力でサポートします。

むし歯を削って治療してもらったことはありますか?

痛くなったり、悪くなったりした歯を治療することは、誰にとっても不快な経験でしょう。
また、一度むし歯で悪くなった歯は、どんな治療をしてもけっして元通りになることはありません
治療をして機能が回復することはありますが、むし歯になる前の状態にもどることはないのです。
ですから、悪くなったら歯を削って治療をするのではなく、お口の中をできるだけ治療をしなくてもいい状態にしておくことが大事です。
以前は「早期発見、早期治療」で、小さいむし歯を見つけたら、早めに削って治療することが行われていました。
しかし、カリオロジー(齲蝕学)の発達で、初期のむし歯は削らなくてもいい、いや削らないほうがいいことがわかってきました。
むし歯の進行度合いも人によってさまざまです。
今泉俊一歯科医院では、初期の小さいむし歯は、削らずに定期的に経過を見ていきます
きちんと歯みがきをすること、予防処置やフッ素の使用、そして定期健診にかようことが有効です。
それにより初期のむし歯はそれ以上進行せず、また直ってしまうことさえあるのです。
そしてもし進行することがあれば、そのとき治療をすればいいのです。
そのためには、定期的な健診が大事になってきます。
私たち今泉俊一歯科医院は、あなたの歯をできるだけ削らなくてもいい状態にしておきたいと思います。
それはみなさんも経験があると思いますが、一度削って治療した歯はまたむし歯になりやすいからです。

年を取ったら入れ歯?

ときどき、こんなことをおっしゃる患者さんがいます。
「もう、私も年だからそろそろ入れ歯かな?」
いや、入れ歯は年齢でするものではありません
確かに、若い方よりはお年を召した方のほうが入れ歯は多いでしょうが、ご高齢のかたでもご自分の歯で食事をなさっている方は大勢いらっしゃいます。
「若いころは虫歯もなく歯が丈夫だったけど、今はもう歯はぐらぐらだよ」とおっしゃる方。
歯は年をとったから自然に抜けていくものではありません
お口の中の細菌のコントロールがうまくいかなかったために、歯周病によって、歯を支える骨がとけてしまったのが原因です。
またこのお口の中の細菌は、糖尿病、心疾患、肺炎などの呼吸器疾患、新生児の低体重児出産や早産、そして骨粗鬆症などにも関係しています。

[次へ]
[定期健診に通っての感想]

1.治療の流れ
2.院内ツアー
3.診療科目
4.診療時間・アクセス
6.院長紹介
7.患者様の声
8.お知らせ(ブログ)
9.無料メール相談
0.トップページ

・菅佐原アナウンサーの声
・院長コラム
・インプラント
・審美・ホワイトニング
・予防歯科
・歯科衛生士求人

024-947-6480
メール
Copyright(c)今泉俊一歯科医院All Rights Reserved.