郡山 歯科 今泉俊一歯科医院のブログ

2016年2月12日
全身とつながる 口(くち)

 

最近、国立循環器病センターの脳神経内科の研究チーム

により虫歯の原因菌のミュータンス菌が脳内で炎症を

起こし、脳出血に関わっていることが明らかにされました。


DSC01793

口の中に多くの細菌がいることは、皆さんご承知でしょう。

それらが、虫歯や歯周病の原因になっていることも、

もちろんご存じだと思います。

では口の中の細菌が、全身に関わるいろいろな病気と関係が

あることを知っていますか?


今でも、口の中の細菌は糖尿病に影響を与えたり、

心臓や血管に問題を起こすことがわかっています。



私が太田綜合病院に在籍していた25年前でも、

ある種の心臓の手術の前には、心臓血管外科の担当医から、

患者さんの口腔内の感染源を極力減らして

欲しいとの依頼がありました。


冒頭に書きました 虫歯菌と脳卒中の関係。

脳卒中の予防にも、歯みがき(口の中のミュータンス菌

を減らす)が有効であるとのことが判ったわけです。



同チームの医師によると、「歯みがきや口の中の手入れで、

口腔内の細菌を減少させることが脳卒中の予防として有効」とのことでした。


毎日の歯みがきや、定期的な口の中のお手入れで脳卒中が

予防できれば、こんな良いことはありませんね。
.

このページのトップへ

コンテンツメニュー

携帯サイト
http://www.isdental.jp/i/

インフォメーション